Haradiary

大学院生が研究をしながら週間記録をつけています。

2021/3/22-3/28

暖かいを通り越して暑い週末。なんでいきすぎるんだ。暖かいで止めてほしい。

 

奈良では割とそこらじゅうに桜が咲いていて、とても春を感じられて良いですね。桜以外にもいろんな花を見かける道中で、「ああいま写ルンです持ってたら写真撮ったのになあ」と思うことが増えた。ので買いました。去年のGWに現像して以来だ

 

東京にいってた。家を空けるときに毎回同じ問題に悩まされている。

一つは冷蔵庫問題。食材をピッタリ使い切るのはなかなか難しくて、少しだけ脳のリソースを食われる。

もう一つが荷造り問題。荷物は少ない方なのでそこまで大変ではないんだけど、これもちょっとだけ手間。このカバンに服さえ詰めればいつでも出発できる、みたいなバッグを用意したいなあと前から思ってるんだけど、そうするとメガネとかも二つ持たないといけないと思うとちょっとなあ。必要なくなってしまったときにもったいないよな。まあでも今のメガネ古いから、作り替えて古いほうをトラベルバッグに入れるというのもありか。まじでやろうかな

 

目黒川沿いの桜を見た。曇っていたのが少しだけ残念だけど、桜がぎっしりで見応えがありました。今年は開花が早いよね。去年は4月中旬とか後半とかも咲いてたような気がする

他にもいろいろ、家具屋さんとか、あとずっと行きたかった目黒の寄生虫館とか。寄生虫館はフタゴムシの可愛さだけで成立させてる感がすごくて笑ってしまった。寄生虫ってなんかロマンあるんですよねえ

小さな、ちょっと良い居酒屋で和食と日本酒をやって大変気分が良くなった。こういうのをもっとやらねばと思った。

 

もう本当に暖かくて、味噌汁を飲むことが一気になくなった。クノールカップスープも、スープ春雨もまだたくさんあるんだけど。どうしてくれるんですか。少し肌寒いくらいの朝をくださいよ。

 

住んでいるアパートにも人の出入りがあった。うちは音が響くので、いやでも周りの事情がわかってしまう。向かいの住人はいなくなって、隣の空き部屋に新たな住人が越してきた模様。あまり大騒ぎしないように気をつけよう…。にしても隣の部屋に配達か何かがきたとき、「郵便でーす」とか「〇〇さんですね」とかが聞こえてしまうので申し訳ない気持ちになる。本当に寮みたいな建物。当初はほんとに寮だったんじゃないか。

 

ふだん果物を食べないんですが(剥くとか食べるのがめんどくさくてダメにしてしまうため)、珍しくいちごを買いました。これを作るためです。

youtu.be

いちご・豆乳・片栗粉・砂糖で作れるらしくて、そんな手軽な…!と思って、試さざるを得ませんでした。スイーツってなんか、いつも使わないやついるじゃないですか、多分。それなしでスイーツ気分を味わえるなんて!

おいしくて楽しかったです。皆さんもぜひ

 

また動画を作りました。

youtu.be

サムネがサムネっぽい。これ、「Club」の「ub」部分を人の裏に見えるようにしたら隠れオシャレだったなあ。

勘でやってるので大したことはわからないんですが、わからないなりに、撮影に関して勉強になることが多々あった。初心者がしそうなミスたいていやった(白飛び・バッテリー・反射・カメラの設定…)

根本的にもっとギターが上手くなった方がいいなあと気づき始めた。ジャズマス、新調しようかな

ぜひリンクから動画を見ていただけると嬉しいです。

 

兎にも角にも、一年間ブログを続けることができました。去年の3/29に引っ越してきたので、

 

日付的にも一周しました。今後もゆるく続けていこうと思います。

2021/3/15-3/21

いつもお高いウインナーが、298円で売ってて「おっ、これはなかなか見ない値段だな」と思っていたところ、張り紙のところに「この価格はなかなかでません!!」とポップが出ていて笑った。主婦力が上がってきている。

ウインナー、どの価格帯のを買うか問題ありますよね。高ければ高いほどちゃんと美味しいからなあ。僕は中間のそこそこ美味しいやつをいつも買いますからね。美味しいウインナーを堪能していきたいと思います。

 

うちの学校で配られるワークステーション(貸してくれるパソコン)はMacBookAirなんですけど、ちょうど交換の年だったらしく、2019年のMacbookAirに進化した(とても嬉しい)。

自分はそういった計算機周りの係の一員だったので、台車で30台くらい?のMacbookを運んで楽しかった。

こういうのってさすがに全学生ぶん一斉交換ではないみたいで、どうも四年サイクルとかになってるみたい。なるほどなあ、来年交換の人たちは2020年モデルを貸与されるのか、、?

 

前回noshの宣伝をしたんですが、更新時期と日記の日付がずれている関係で、もう前までやってたキャンペーンは終わってました、、僕に連絡しても前ほどお得ではありません。失礼しました

 

年次大会があり、バーチャル開催ということも手伝ってか(まあ毎年の盛り上がり具合を知らないんだけど)、Twitterが結構賑わっていた。年末に色々間に合っていなかったので参戦できなかったのが悔やまれる。

 

急に話が飛ぶけど、NLP(Natural Language Processing, 自然言語処理のことです)の学際分野について調べていると、「言語について研究したい」という人の選択肢って多すぎでは、と改めて思った。言語学自然言語処理神経科学、論理学、その他細々と、、、高校生の頃は言葉に興味があるなら文学部なんじゃないの?と思っていたし、周りもそう言っていたような気がするけど全然そうとは限らない。アプローチが多すぎる

こと自然言語処理に軸足を置くなら、やっぱり工学なので、こうすると精度がいいですよとか、こうすると役立ちますよというモチベーションが一番やっぱり素直な気がする。何を言っているかというとアイトラッキングや脳の活動記録を参考にAttentionをいじって精度が上がりましたみたいな研究を見ていいなあと思ったという話です。分析っぽいものももちろんすごいんですが、、

こうしてブログを書いていると、”論文読んだメモを個人的なものにせず、公開した方がいいのでは”とよぎることがあるんだけど、他人が読むに堪えるメモを公開しようとするとそれはそれでおそらく結構なエネルギーがかかるんだよなあ。難しい

 

それで思い出したけど、機械学習論文について記事を書いてお金をもらうというバイトを始めた。ああいうメディアって(B4の頃よく見かけた)今はその辺の学生拾ってきて記事を書かせてたんですね。昔は違うかったらしいですが。

文章を書くのは苦じゃないし、何より初学者にわかりやすい解説を書くことにはすごく興味があるので、その第一歩としてやっていく。僕はそういう、「いかにも難しそうな話を噛み砕いてくれる文章」に救われることが多かったので(あと思ったより単価が良かった)。

 

youtu.be

友人との超絶個人的ラジオ「聴く評論」の第二回が出ました。エヴァQを見終えたばかりの丸海くんにおよそ2時間の熱弁を浴びせられ、僕がだんだん疲弊していくというドキュメンタリーです。前編はまだ元気を保っている。

 

エヴァの最後のやつ、シンか、言うてる間に見にいきたいな。

動画公開は4月4日だったので、時系列がちょっとおかしいけどまあ。宣伝に関しては時系列がおかしくなっててもいいことにしよう(?)

 

それにしても新しいMacbookはいつの間にかスピーカがあからさまなステレオのタイプになっていて、これいいですね。新しい機械ってワクワクするなあ、と久々に感じて、珍しく物欲の高まりを感じ始めています(この予兆を受けてライターのバイト始めたとこある)。Proはもうちょい音が良かったりするんかしら

 

焚き火の音が染みる春です。

 

 

2021/3/8-3/14

先週の記事で書きそびていていたんだけど、noshというお弁当サービスをお試しで使ってみていた。

nosh.jp

これ。

燃えるゴミとして捨てられて、レンジでチンで食べられて、栄養的にもいけてるという、そういう冷凍お弁当。

なんか宣伝でよく見るし、初回の割引が大きいなら試してみたいなと思ってた。なんやかんや割引を駆使して、6食を¥1800で買えました。安い。

もうかなり時間が経ってしまって、熱量を持ったレビューなどはできませんが(できないんかい)、とてもよかったです。予想より容器もコンパクトで、冷凍庫にちゃんと納まった。

数日間夜ご飯を作らない生活をして、もう二度と自炊できない体にされたんじゃないかと思いましたが、noshのお弁当がなくなった次の日、鶏むねの唐揚げをせっせと作っている僕の姿がそこにはありました。ぜんぜん大丈夫だった。

僕からの紹介を受ければ、同じ価格で6食分食べられますので食べたい人は言ってください。そしたら僕もまた6食たべれるんです。

 

最近、一人暮らし史上初めてアイスを買った。あったかくなってきたから食べたくなったのかな。チョコバリが六個入ってるやつ。僕はチョコバリと、ビスケットサンドというアイスが好きです。

それに加えてジュースも時々買うようになった。爽やか炭酸系が飲みたくなる時がたまにあるんですよ。ちょっと酸っぱいやつとかね。

その裏で、自炊欲はわりと低下中。一年も続けていると自分の作る料理の味やパターンに飽きているみたいで、普段見ないレシピとかサイトを試す必要があるんだろうなと思う。今まで食べなかったジュースやアイスを急に買うようになったのも、自分の作るものの味に飽きてるからなんだろうなあ。

マンネリ打開案としていま自分のなかで有力なのは、「作り置き系レシピ」です。作り置きってなんか名もなき料理みたいになるじゃないですか。ああいうのを作りたい。作り置き用のコンテナとか買ったりしてね。そして平日に「楽だな〜」と言いたい。

 

はい。最近ご飯の話をあんまりしてなかったのでご飯の話(ご飯の話とは)をいっぱいしてみました。このブログは、ゆるふわ暮らしトークが受けてるんだろうと勝手に自分で思っているので、あまり小難しい話ばかりを並べないようにしたいですね。

 

この週末は、高校生の頃の部活の友達と会ったり、なくなってしまったライブの日にバンドメンバーで集まって遊んだりと、人と会う週末だった。

ライブが無くなった話ってしましたっけ。したかな。「keep me posted」というタイトルのライブを友達とする予定でした。メンバーとも久しぶりに集まって楽しかった。春からは音源制作に取り組みます。

 

高校生の頃の部活は4つ入っていたんですが(そんなことあるんだ)、今回はその中の文芸部の友達と会ってました。焼肉を食べて美味しかった、たのしかった。

僕が通っていた高校は浪人する人の割合が半分を超えるようなところだったので、同級生と会っても「来年から就職だよ(いまB4なので)」みたいな人が多い。多分来年以降に会うと、もっとみんな社会人になっていて、「人生だ!」という気持ちになるのかなと思います。

Instagramみたいな日常垣間見える系のSNSは、大学以降の人としか繋がっていないので、ちょっと仲良かったくらいの人のその後の人生が軒並みわからない。高校はすごい人がいっぱいいたから、みんな素敵な人生を歩んでいることでしょう。そういう情報も追々知っていきたいなあ。みんな楽しく暮らしていけますように。

 

弾き語りの動画を撮影しました。ヨルシカの盗作。

youtu.be

前回のたばこと一緒に撮り溜めていた。もうこの撮影場所に飽きてきたので次の場所を探したい。

趣味っぽい曲と流行りっぽい曲をあげてみて、流行りっぽいもの(と言ってももう半年前の曲)の方だけがやっぱりみにきてくれる人が多い。今後も黙々と動画を出していきたい、4月は忙しそうだが、、

 

現実時間に追いつくべく更新を頑張っていきましょう。では。

 

2021/3/1-3/7

さいきん創作の面で、ブログ以外にもやることが増えているので、HPがあってもMPが足りなくて書けなかったりしている(ゲームの言葉で例えてるのでわからなかったらごめんなさい)。久しぶりに書くかと思ってページを開いて、アクセス数を確認したら毎日同じくらいのアクセスがあって、もしかして定期的にのぞいているのかこの人たちは、、、?という気持ちになった。「まだなんかい」と思うだけの数秒を、皆さんの一日から奪ったこと申し訳なく思います。

 

この週は先週の?受賞などを受けて色々取材というか、HPに載せてもらうとかで取り上げてもらえて楽しかった。この先をごりっと進めたいとは思ってるんですが本分の研究や音楽があるのでできるかなあやりたいけどなあという気持ち。やりたいけどなあ。

同じ話でも、聞いてくれる相手によってどこに重きを置くかとか、どこを省くかとか、そういうことを考えるのは本当に楽しい。話す力を育てる場みたいなものを、今後の人生のどこにでもいいから確保しておきたいなと思う。

 

そして3月の頭で、一応また春休み期間に突入した。もうすでに授業はなかったので特に変化は少ないけど、春から続いていた基礎勉強会が終了したのは節目だった。英語のテキストをその場で訳しながら読むという行為、そのもの自体勉強になりました。後半とかは結構、読んでもわかってない部分もそこそこあって、ああーという感じでしたが。

 

ていうか地震の話を前々回に書いたと思うんですけど、前回になる頃にはもう完全に忘れてて細胞膜の話を熱弁してたのやばいですね。秒で風化していて笑えない。また隙を見て書くことがなくなった回にでもこの話題は回します。ていうかあの前紹介した本、その後もめちゃくちゃ面白かったんだよなあ。門外漢にもうまく説明してくださるような、僕の大好きなタイプの著者でした、、

 

そろそろ学振の季節がやってきますねということで、色々原点の気持ちに立ち返りながら壮大なサーベイをしている。これは今後の研究内容を練らないといけないので、普段忘れているような哲学的な問いに立ち返りながら調べごとをしているという意味です。一丁前に、、

AIの研究ってもう70年くらい続いてるわけですが、Deep Learningがイケてますというのは本当にまだここ十年に満たないくらいの話であって、だからこそ古い論文を読むと色々アイデアが埋もれていて楽しいよ、みたいなことってよく言われるんですが、

古い論文を掘り返すまでもなく、長いこと人工知能研究をやってきた偉い人の講演を聞くだけでもすごく気付かされることがたくさんあります。いやもちろん偉い人の話なので勉強になるのは当たり前なんだけど、Deep Learning以降から参入した僕たちとはまた世界観が根本的に違うかったりするというか、そういう意味です。その前後ではできることの種類がはっきりと違うんだけど、今は技術の進展がとにかく速いので、ここ数年の技術を勉強するだけでも一苦労じゃないですか。だからなんかそれ以前の人たちがやってたような議論ってあんまり意識されないんじゃないかという。

そういう世代間の差みたいなのを埋めるのに、講演を聞くのがとてもいいのではと唐突に気づき、さいきん色々聞いてました。

あと僕は話のわかりやすい人や、わかりやすい文章を書く人がほんとに大好きなので、話の上手な人を見るとそういう面でもめちゃくちゃ勉強になるし楽しいです。

あとは2016年にアルファ碁などが話題に上ったあたりで、色々偉い人が「今後こう変化していくだろう」みたいなのを予想しているわけで、それを今になって聞いたり読んだりするのもとても楽しい。特に、今後社会はどう変化する(ビジネス面)、みたいな話はあんまり興味がなくて知らなかったので令和三年にあっても新鮮に受け取れる。最近年が上の人と話すときにそういった(ビジネス的な)切り口で人工知能研究を説明できた方がウケるよなあと思う機会が何度かあって、こういうのはストックしておこうと思った。日頃仕込んでおいてこそ光る刃がある。

 

 

youtu.be

中学以来の友人が新しいハンドルネームを作ったというのを機に、二人で月一くらいで適当に話せたらいいなあ、みたいなラジオをはじめました。そういうの憧れるじゃないですか。

「聴く評論」というタイトルです。でも評論はしません(?)。

 

オープニングトークが下手すぎて、尺とノリを大きく間違えている(5分のオープニングトークとは)。ツッコまれるかなと思って星野源のPRが足りないなど色々言ってしまいましたが、突っこまれなかったのでただの雑な悪口を言ってるやつになっててやばい。

オープニング以降はちゃんと素でしゃべれたかなと思います。

 

動画の編集は丸海くんに一任していて、彼のやる気が続く限りこのラジオも続くと思います。前に弾き語り動画を貼った時、ちゃんと飛んでくれた人がいたっぽかったので、今回も信じています(?)。ぜひ視聴と高評価をして、彼のモチベを保ってください。お願いします、、、

ラジオのタイトル「聴く評論」をパッと思いついたのも丸海くんで、どういうラジオにしたいかみたいなイメージも基本的に彼のイメージに従う気持ちでいる。のんびり続けられたらいいなあ。

とにかく発言がかぶるので、まあ、第10回までにはうまくなっていきたいですね。

 

2021/2/22-2/28

あとひと月でここにきて一年が経とうしていて、眩暈がします。

確か引っ越してからしばらくはずっと寒かった気がするんだよな。4月なのに暖房つけてるみたいなことを書いてたような気がする。どうだったか もうしばらくは寒い夜が続くんですかね。

ただ来週あたりからはもう、夜に0度を下回ることがなくなっていくようなので、かなり救われた気分がしています。

 

この週は、なんか前に言ってたコンテストの最終審査会があって、無事に自分の出た部門で最優秀賞をいただくことができました(祝)。

これも前に書いたけど、いくつか賞はいただいてたものの一番は取れていなかったので、ついに学校側に胸の張れる結果が出せたなという安堵の心地です。副賞を二桁いただいたのも初めてで嬉しかった。今はAWSの学生アカウントを使っているので、普通にサーバ代とするのにありがたい…。

 

ちなみにAWSは学生だと100ドル分のクレジットが無料で使えるのでおすすめです。

ただちょっと仕様がややこしくて、自分のアカウントに100ドルが支給されるのではなくて(以前はこの仕様でした)、新たにAWS Educate Starter Accountというのが作られ、そこに100ドルのクレジットがチャージされます。

そしてこのアカウントのクレジットが空になるとアカウントごと吹っ飛ぶらしい。吹っ飛ぶのやばいけど、100ドル分遊ばせてくれるのは太っ腹なのでなんとも言えない。

 

今週はサーベイを頻繁にしていた気がする。英語力が上がっている自信はないけど、論文を読むのは、以前と比べると本当に楽になってきた。内容に当たりがついてるものだと、翻訳機にかけるより自分で読むほうが早いなあ、みたいな局面が増えてきた。恐ろしいものだ、、

以前はiPadで読みながら、Apple Pencilで書きこむのがベストプラクティスかな、と思ってたけど、最近はもうPDFファイルごと、Notionでメモを取りながらまとめている。もうNotionとズブズブなんだよなあ。学生終わったとしても、もう絶対手放せない、、

 

最近、細胞膜って何だろうとずっと思っていたんですが(?)、そう思いながら本屋に行くと答えてくれそうな本に出会うという、本屋あるある。

「若い読者に贈る美しい生物学講義」という本。口語で、さらっと読めそうだったので選びました。生物なんて高校一年生以来?やってないので、高校一年生でも読めそうなのを選ぶのが一番いい。

https://www.amazon.co.jp/若い読者に贈る美しい生物学講義-感動する生命のはなし-更科-功/dp/4478108307/ref=tmm_pap_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1614749326&sr=8-1

f:id:andou06:20210303143232j:plain

絵が可愛い!

 

生物であることの条件、って覚えてますか。高校でみなさん習ったと思います。

・外界と膜で仕切られている

代謝(物質やエネルギーを循環させたり)する

・自分の複製を作る

(細かい部分が間違ってたらすみません)

これは多分、「今のところこれを満たすのは生物くらいしかいない」ということなのだと思います。例えば代謝だけに注目するなら、「お風呂の栓を抜いたときにできる渦巻き」はこれを満たすことに(多分)なります。外側から新たな水を持ってきて、それを排出しているので。でも「お風呂の栓を抜いたときにできる渦巻き」が生物なわけないですよね。「生物」を定義するのも意外に大変と。

 

歌詞を書こうとしている時に、そもそもなんで膜で仕切られた「生き物」というのが生まれてしまったんだろうと思ったわけです(やば)。私たちはいつから一人になってしまったのか。

さて、どうして生物は、膜で外界と仕切られる必要があるのだろうか。

(二)の代謝を行ったり、(三)の複製を作ったりするには、いろいろな化学反応が必要だ。膜で仕切られた内部なら、反応物質の濃度を高めることができるので、いろいろな化学反応を効率的に行うことができる。したがって、代謝や複製のためには、膜で仕切られた内部が効率的な環境なのだろう。

- 「若い読者に贈る美しい生物学講義」

なるほど。やさしくわかりやすい語り口ですありがとうございます。

生物は水中で生まれたと言われていて、おそらくその理由の一つに「水中は化学反応が起きやすい」というのがあるらしいです。水中で膜を作るとなると、何か「溶けないもの」で区切る必要がある。脂みたいなもので膜を作れば区切れるわけですね。

そこで採用されたのが「リン脂質」というものだそうです。

◯=

こんな形で、◯の部分が親水基、=の部分が疎水基らしい。親水や疎水という言葉、化学を高校でやってた人なら聞いたことあると思います。石鹸の話で出てくるやつですね。要は疎水の部分は水を弾く・溶けない性質があって、親水の部分はその逆なわけです。そんなリン脂質くんを

=◯◯=

こんなふうに並べると「疎水-親水-親水-疎水」のつながりですよね。これをたくさんまーるく並べると細胞膜になるわけですね。絵を描けばわかりやすいと思いますけどもう今文字数的に書くの疲れてきてるので頭で思い浮かべてください。

 

この「リン脂質二重層」が生まれたのは何十億年も前のことなのに、なんと細胞膜の仕組みはここから進化してないそうです。今でもほぼ全ての生物が、リン脂質を使って膜にしているとのこと。これめっちゃアツいですよね。よっぽど出来が良かったらしい。

 

生物をやっているはずの妹にリン脂質を知ってるか聞いたら即答だったので、生物やってる人からしたら常識のくだりなんですかね?他にもおもしろ知識がたくさん載ってそうなので楽しい本です。おすすめ。

生物については他にも気になることが色々あって、例えば”進化”をするときに変わりうる部分はどこなのか、とか。

偶然生まれたちょっと変な子が環境に刺さって、その変な子だけが生き残ると”淘汰”な訳だと思うんですけど、その”ちょっと変な子”って、その変化に縛りってあるんですかね。

流石にそこは変化しないよ〜とか、一気にそんなたくさんは変化しないよ〜、みたいなルールってあるんですかね。

ちゃんと基礎的なことを学ばないとこの疑問には答えられなそうだなあと、大学一年生くらいから思ってます。思いすぎでは。調べろよ。

門外漢ゆえに答えにくい(お前それは、根本的なところから一つずつ知識つけていかないとちゃんとした粒度で理解できないよ、みたいな)質問とは思いますが、もしご存知の方がいたらご教授くださるととても嬉しいです。

 

めっちゃ書いたな今回。

 

 

 

2021/2/15-2/21

2月も半ばだというのに雪が降りました。寒い寒いまじでもう勘弁してほしい、と思っていたら、週末は一気に暖かくなりましたね。

少し春の匂いがして、逆に冬が無臭すぎではとも思いつつ、少しして目が痒くなり、鼻が詰まり始めました。花粉症の症状は元々軽い方だったんですが、今年は史上最大に目が痒いです。まじでかゆい。なんか今かいてるのにかゆい、みたいな事態が発生してまじで謎だった(かいてはいけないのです)

鼻は詰まる程度なのでまだ耐えられる。歌が歌いにくいくらい。大学の頃、新歓の季節はいつも鼻が詰まっていたなあと思い出しました(鼻詰まりエモという新ジャンル)

TLでも花粉症に苦しんでいる人が散見されて、自分もこれ以上症状が悪化しないように祈っている所存です。

そういえば 今日は暖かいな、と思ったその日から虫が元気に活動し始めていたので、こいつらは冬の間どこにいたんだと思いました。え、小さな羽虫みたいなやつも冬眠したりする?あいつらは今期から成虫になったやつなのか?でもまだあまりパワーがないようで、動きが鈍かったりするんですよね。冬眠明けなんですか?

 

春の話(花粉と虫の話)を一通りして気が済みました。

 

一月にがっつり更新を止めてたせいもあってか、閲覧数が前より落ち着いている。なんだかんだこのくらいが居心地いいですね。物好きな皆さんこんばんは。

 

今週はちょっと作業の脇道に逸れて、基礎的な知識で抜け落ちているところを埋めるように勉強をしていた。専門のことではなく、どっちかというと技術面で。もうすぐM2になるのに、知らないと恥ずかしいなと思うところを埋めていました。

あとはもうちょっと数学をやらないといけないよなあと思っている。結局機械学習が何をやっているのか、みたいなことを、もっと易々と数学の気持ちで考えられるようにならないといけない。そう考えるとやっぱり、あんまり学部時代の貯金がないよなあと思う。学部時代というよりB4か

 

Youtube用に新しい演奏を録音したんですが、歌詞を一文字だけ間違えていることに気がついて凹んだ。またスタジオに行かなければならない、、

一文字のために1時間入るのはもったいないので、また暇ができたときに、もう次の曲とまとめて録ろうかなという気持ち。月1更新の牙城、脆すぎた。

 

先週ちらっとかいた気がするんですが、防災について意識が向いており、この記事を書く前に少し調べていた。しばらく更新のたびに防災知識を得て行こうかな。

 

なんとなく過去の地震Wikipediaを読んだり。

阪神・淡路大震災 - Wikipedia

東日本大震災 - Wikipedia

直下型地震である、阪神淡路大震災による死者が約6400人。うち9割が家屋の倒壊などによる圧迫死。

東北大震災による死者数は約16000。うち9割が津波による溺死。1万人以上の死者が出たのは第二次世界大戦以来のこと。

関東大震災(1923)は10万人が亡くなっていて凄まじさを感じる。関東大震災は火災ですごい被害が出たんだと中学の歴史の授業で習った覚えがある。でも実はこの時も、主に神奈川県の方で大きな津波の被害があったみたい。

明治以降の大きな地震、という括りで見ると関東大震災の他に1896年の明治三陸地震がある。これは揺れ自体による被害は小さかったものの、津波のせいで約2万人の死者などものすごい被害が出ている。こう見ると関東や東北が多い。プレートがどうとかそういうことが背景にあるんだろうけど全然知らないなあ。いや、そんな事ないか   高校の地理でその辺を習った気がする

 

津波が来たときの映像をYoutubeで見たり(ショッキングな映像なのでリンクは貼りません)。

 

あとは今の時代、Youtubeでいろいろ情報を得られるので気軽に「防災」ってYoutubeの検索窓に打ち込んでみると良さそうです。

 

備蓄についてちょこちょこ動画を見ていた。

率直な感想としては、「意外と人によりそう」という感じ。

youtu.be

ほんとに最低限三日分食べるだけなら、この動画のようにそんなに備蓄は大変じゃなさそうですし、この食事が辛いなら自分なりにアレンジしていけばいいという。

確かに極論いえば、一日二食の袋麺でもぶっ倒れはしませんね。ここに長期保存の効く野菜ジュースを足せば、十分といえば十分です。

 

一人暮らしかどうか、お金や備蓄スペースに余裕があるかどうか、また性別やメンタルの強さによって備蓄の具合を調整するのが良さそうです。

youtu.be

特に不安耐性、メンタル面の差は大きそうだなあとこの動画を見て思いました。「死ななければいいよね」くらいの人もいれば、「非常時こそ、お気に入りの食べ物、本、香りで安心したい」という人もいるでしょうし。

 

自分は今一人暮らしで、不安耐性もまだ丈夫な方だと思うので、上で見たような「最低限の備蓄」をうまく生活に組み込むのが無理がなくていいのかもしれません。部屋も広くないし。

誰かと暮らすとなったり、自分に守る責任のある場合はそれでは足りないと思いますが、こういうのって意外と人によるんだろうな、というのが今回得た知見でした。

 

災害時のスマホ事情、連絡手段とか、トイレとか、避難所って何やねんとか、他にもいろいろ気になることがあるので、ちょくちょく次回以降も調べるかもしれません。

 

2021/2/8-2/14

福島県沖で震度6強地震があった。ちょうど用があって、家族四人で東京に集結していた週末の夜だったのでかなりびっくりした。

自分は神戸に生まれしものですが、阪神淡路大震災を経験していない世代なので、今まで神戸で経験した最大震度は3だったんですが、今回の東京で経験した震度4が人生最大震度を更新しました。かなり揺れが長かったのに、後半さらに強く揺れたりして、「ああー」と思いながら揺られていた。10年前の東北の大震災の余震だそうです、まじか。

震度に関する設定が変わったとかなんか諸々の事情とか、そういうこともあるんでしょうけど、震度6強に対してかなり被害が小さくて、この国民地震に強くなりすぎではと思った。

 

お母さんに春菊を生で食べたら美味しかった話をしたら、全然知ってて、なんなら別の美味しい食べ方を教わった。じゃことか使って醤油ベースの味付けで食べると美味しいようです。なるほど。

 

おしゃんな街であるところの吉祥寺に寄ったとき、Haradiary的に親近感のあるドーナツ屋さんがありました。ドーナツとアイスのセットがめっちゃ美味しかった。

f:id:andou06:20210218151443p:plain

 

東京で家族と別れた後、せっかくなので新宿で一人で「花束みたいな恋をした」をみた。映画の部屋がひとつしかなくて、邦画しかやってない、みたいな小さな映画館。

坂本裕二さんは大好きな脚本家で、もちろん見てよかったなと思ったし素晴らしい映画だったんですが、最初から最後までずっとしんどい映画でした。「しんどい」って色んな感情に対応してますからね、「しんどい待って無理」とか「しんど、、、」とか色んなしんどさが襲いくる2時間でした。最高でした。是非みてください(世界一下手な宣伝)

youtu.be

 

ちょっと色々ひと段落したこともあって、週の後半やこの東京用事も含めて、ストレス値をなるべく下げるような方向で生活していました。また来週から頑張るぞ

 

先週くらいまで本当に人と喋ってなくて、こういう時期、明らかに以前より聴くようになったのが実況者さんの動画。やっぱり音楽より人間の声の方が落ち着くときがあるんですよねえ

好きな実況者さんといっても、過去に人に教えてもらった一人しか知らなくて、その人の昔の動画を掘り返したりしてラジオがわりにしている。

つい先日発掘して聞いていたのが「絶体絶命都市」という、大地震の起きた街が舞台のゲームで、それを見ながらちょうど「そろそろ防災・減災について調べて知識つけないとなあ」と思ってたんですよ。そしたらこないだの福島県沖の地震でしょう。びっくりした。

 

最近、やたらとハックについて考えていた。物事をこの二つに分けて考えるという見方について。偶然生まれた首の長いキリンが環境を制する様とか、二足歩行する賢いホモサピエンスという生き物が地球を制する様がハックだとして、たくさんの試行例の中の一つであるこの自分を/自分がどう表現するかというところが表現だとすれば、本来的には表現に勝ち負けなどないということがわかる。

Twitterのフォロワー数とか、閲覧数、再生回数を競うことができるので勘違いしがちだけど、"あなたの表現"をどう洗練するか、というゲームはあなただけのものである。

なろう小説でてっぺんを取りたいなら 、小説のタイトルは長くて説明的なものになるかもしれないし、今時の音楽の中で頂点に立ちたいなら、バンドスタイルで活動するのは望みの薄いやり方かもしれないし、SNSを使わないのもあまり得策ではないかもしれない。

人生の試行回数はどうしても1であって、その自分ができれば素の状態で"首の長いキリン"ならいいけれども、みんながそうはいかないわけで、時々どこか自分をねじ曲げる(これを気に留めない人はそもそもねじ曲げるなんて表現をしないと思いますが)必要があるのかもしれませんが、でもハックはハックで尊い行為だなとも思うんですよね。

目的がハックなのかどうか、ここを分けて考えることで、最近まで考えていたことについてかなり整理がつきました。本当に多岐にわたって、関係なさそうなことについてまで。上では表現がどうこうみたいな文脈で話しましたが。あとこの辺の話はちょっと性差もある気がしてるんだよなあ。本当に先天的なことかは分からないけど

 

さいきん息抜きというか練習みたいな気持ちで、研究とは全然関係ないモデルを書いたりしている。なんかそういうのも大事な気がして。細々やっていきましょう。