Haradiary

大学院生が研究をしながら週間記録をつけています。

2021/2/15-2/21

2月も半ばだというのに雪が降りました。寒い寒いまじでもう勘弁してほしい、と思っていたら、週末は一気に暖かくなりましたね。

少し春の匂いがして、逆に冬が無臭すぎではとも思いつつ、少しして目が痒くなり、鼻が詰まり始めました。花粉症の症状は元々軽い方だったんですが、今年は史上最大に目が痒いです。まじでかゆい。なんか今かいてるのにかゆい、みたいな事態が発生してまじで謎だった(かいてはいけないのです)

鼻は詰まる程度なのでまだ耐えられる。歌が歌いにくいくらい。大学の頃、新歓の季節はいつも鼻が詰まっていたなあと思い出しました(鼻詰まりエモという新ジャンル)

TLでも花粉症に苦しんでいる人が散見されて、自分もこれ以上症状が悪化しないように祈っている所存です。

そういえば 今日は暖かいな、と思ったその日から虫が元気に活動し始めていたので、こいつらは冬の間どこにいたんだと思いました。え、小さな羽虫みたいなやつも冬眠したりする?あいつらは今期から成虫になったやつなのか?でもまだあまりパワーがないようで、動きが鈍かったりするんですよね。冬眠明けなんですか?

 

春の話(花粉と虫の話)を一通りして気が済みました。

 

一月にがっつり更新を止めてたせいもあってか、閲覧数が前より落ち着いている。なんだかんだこのくらいが居心地いいですね。物好きな皆さんこんばんは。

 

今週はちょっと作業の脇道に逸れて、基礎的な知識で抜け落ちているところを埋めるように勉強をしていた。専門のことではなく、どっちかというと技術面で。もうすぐM2になるのに、知らないと恥ずかしいなと思うところを埋めていました。

あとはもうちょっと数学をやらないといけないよなあと思っている。結局機械学習が何をやっているのか、みたいなことを、もっと易々と数学の気持ちで考えられるようにならないといけない。そう考えるとやっぱり、あんまり学部時代の貯金がないよなあと思う。学部時代というよりB4か

 

Youtube用に新しい演奏を録音したんですが、歌詞を一文字だけ間違えていることに気がついて凹んだ。またスタジオに行かなければならない、、

一文字のために1時間入るのはもったいないので、また暇ができたときに、もう次の曲とまとめて録ろうかなという気持ち。月1更新の牙城、脆すぎた。

 

先週ちらっとかいた気がするんですが、防災について意識が向いており、この記事を書く前に少し調べていた。しばらく更新のたびに防災知識を得て行こうかな。

 

なんとなく過去の地震Wikipediaを読んだり。

阪神・淡路大震災 - Wikipedia

東日本大震災 - Wikipedia

直下型地震である、阪神淡路大震災による死者が約6400人。うち9割が家屋の倒壊などによる圧迫死。

東北大震災による死者数は約16000。うち9割が津波による溺死。1万人以上の死者が出たのは第二次世界大戦以来のこと。

関東大震災(1923)は10万人が亡くなっていて凄まじさを感じる。関東大震災は火災ですごい被害が出たんだと中学の歴史の授業で習った覚えがある。でも実はこの時も、主に神奈川県の方で大きな津波の被害があったみたい。

明治以降の大きな地震、という括りで見ると関東大震災の他に1896年の明治三陸地震がある。これは揺れ自体による被害は小さかったものの、津波のせいで約2万人の死者などものすごい被害が出ている。こう見ると関東や東北が多い。プレートがどうとかそういうことが背景にあるんだろうけど全然知らないなあ。いや、そんな事ないか   高校の地理でその辺を習った気がする

 

津波が来たときの映像をYoutubeで見たり(ショッキングな映像なのでリンクは貼りません)。

 

あとは今の時代、Youtubeでいろいろ情報を得られるので気軽に「防災」ってYoutubeの検索窓に打ち込んでみると良さそうです。

 

備蓄についてちょこちょこ動画を見ていた。

率直な感想としては、「意外と人によりそう」という感じ。

youtu.be

ほんとに最低限三日分食べるだけなら、この動画のようにそんなに備蓄は大変じゃなさそうですし、この食事が辛いなら自分なりにアレンジしていけばいいという。

確かに極論いえば、一日二食の袋麺でもぶっ倒れはしませんね。ここに長期保存の効く野菜ジュースを足せば、十分といえば十分です。

 

一人暮らしかどうか、お金や備蓄スペースに余裕があるかどうか、また性別やメンタルの強さによって備蓄の具合を調整するのが良さそうです。

youtu.be

特に不安耐性、メンタル面の差は大きそうだなあとこの動画を見て思いました。「死ななければいいよね」くらいの人もいれば、「非常時こそ、お気に入りの食べ物、本、香りで安心したい」という人もいるでしょうし。

 

自分は今一人暮らしで、不安耐性もまだ丈夫な方だと思うので、上で見たような「最低限の備蓄」をうまく生活に組み込むのが無理がなくていいのかもしれません。部屋も広くないし。

誰かと暮らすとなったり、自分に守る責任のある場合はそれでは足りないと思いますが、こういうのって意外と人によるんだろうな、というのが今回得た知見でした。

 

災害時のスマホ事情、連絡手段とか、トイレとか、避難所って何やねんとか、他にもいろいろ気になることがあるので、ちょくちょく次回以降も調べるかもしれません。